切干し大根に含まれている栄養と効能を教えてください。

 
 
 
切干し大根に含まれている栄養と効能を教えてください。 
日本の伝統的なおふくろ料理の一つとして切干大根の煮物があげられますね。切干大根は大根を乾燥させることにより、水分量が減り保存性もさることながら、独特の甘み・歯ごたえ・風味が増し大根の栄養が凝縮され栄養価も高くなります。

【 切干し大根に含まれている栄養と効能 】大根生50g・戻した切干し大根50g当たりの比較
●カルシウム(大根生12㎎、切干大根67㎎)
骨や歯の構成要素としてだけではなく筋肉の収縮、興奮や緊張の緩和、血液凝固、動脈硬化や高血圧の予防、イライラを鎮めるなどさまざまな生理作用があります。
 
●カリウム(大根生115㎎、切干大根400㎎)
高血圧を予防、筋肉の動きを円滑にする、腎臓の老廃物の排泄を助ける効果があります。 

●食物繊維(大根生0.75g、切干大根2.6g)
切干大根に含まれる不溶性食物繊維のリグニン等にはガンを予防する効果があると言われています。またコレステロールを体外に排出して動脈硬化を予防、便秘改善、美肌にも効果があります。

●鉄分(大根生0.1mg 切干大根1.2㎎)
貧血予防、免疫力を高め口内炎を予防します。

このように1回の食事で適量として食べられる大根50gと切干大根を戻した状態で約50g(乾物で約12g)の栄養価を比較してみると、切り干し大根のほうが、食物繊維やミネラルが多いことがわかりますね。

【 お薦めレシピ:切干大根のキムチ 】
油と相性がいいので油揚げの煮物・酢の物やサラダ、和え物などにして、おいしくいただけます。今回は歯ごたえが楽しめて簡単に作れる「切干大根のキムチ」をご紹介☆

<材料4人分>
切干大根50g・人参30g・セリ20g・キムチの素大さじ4杯
1.水で戻した切干大根と人参をさっとお湯で茹で水分を切り、冷ます。
2.適当な大きさに切ったセリを1に混ぜ合わせる。
3.最後にキムチの素を合えるだけで出来上がり。
お好みでゴマ油・ゴマをかけていただくと風味が増しより自分好みになります。

切り干し大根は日持ちが良いので手軽に購入でき、栄養価も高く美容効果も抜群の食品です。常備菜として食卓にとり入れてみてくださいね♪




[ 栄養素 食材・料理 ] (2014.04.21 )
 
 
新規会員登録
会員登録は無料です。
ご登録いただきますと、会員限定機能をご利用いただけます。
詳しくはサービスガイドをご覧ください。
グラフサンプル
 
 
 

あなたが栄養士に聞いてみたいことを募集しております。

とりあげてほしいテーマや質問を自由にご記入下さい。

あすけん事務局では、Q&Aを充実させるために、みなさんのご意見を参考にさせて頂きます。

アンケート記入